個人事業主にとって重要な事象計画書

個人事業主として独立して開業する場合には開業届を税務署に提出する必要があります。
書類手続き上、行わなければならないのは開業届の提出のみであり、個人事業主となることがどれだけ大変なことかと思っていた場合には拍子抜けしてしまうことでしょう。

しかし、法律上必要でなくても、開業する前に準備しておかなければならないことは多数あるのです。事業を行っていくための資金繰りや顧客候補となる企業等への挨拶回り等に加えて、必要に応じて事業所の手配や従業員の確保も行うことになるでしょう。そして、何より大事なのは事業としてどんなことをどういった計画で行っていくかということを熟考することであり、それを事業計画書としてまとめておくことです。

事業計画書は取引相手に事業内容とその展望について伝えるのに役立ちます。資金繰りの際にも顧客探しの際にも必ず事業についての説明を行うことが必要となります。その説明資料としても、後に読んでもらうための参考資料としても活用できるのです。

また、実際に事業を展開していくと忙殺される毎日になって気づくと事業の方向性を失ってしまっていることもよくあります。そういったときに原点に立ち返って事業の方向性として考えていたことと、現状を比較することが重要になります。そのための原点となるのが事業計画書なのです。丁寧に書いた事業計画書を準備しておくだけで様々な場面で個人事業の助けになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です